2006年03月15日

「あ」 朝日の中で微笑んで 荒井由美

 
アルバム「14番目の月」の中の1曲です。
有名だった「中央フリーウェイ」が聞いてみたくて買いました。

当時一番好きだった曲は、アルバムタイトルの「14番目の月」でした。
「朝日の中で微笑んで」は、後朝のことを歌った曲である、という認識はありましたが、

「なんや、陰気な歌やなぁ…」

と、あまり良いイメージではありませんでした。
しかし何故か、印象的なメロディーと共に、心の奥の方にずっとぶら下がっている曲でした。

少しは経験を積んだ現在では、また違った感じでしみじみ聞けるようになったかな?



カード一枚 ひくように
決まるさだめが とてもこわい
宇宙の片隅で つぶやき合う永遠は
幻だと 知っていても
朝陽の中で微笑んで
形のない愛を つなぎとめて



切ないですが、こういうことは恋の特効薬にはなりません。
女子のみなさん、くれぐれも御身大切に。


V6の三宅 健 君が、この曲を好きだそうです。
意外な感じ…。
ちなみに私、健よりマーサ坂本が好きです。
一時、ヤバイくらい惚れてました。

え? こんなオチいらん?

2004年12月1日(水) at 19:42 




ユーミンで後朝といえばワタシは「真珠のピアス」が
思い出されます。



というコメントを頂戴しました。

確かに、これも切ない! でも「真珠はもったいない」って思ってしまう私は貧乏っタレです。(笑)


以前のサイトで「50音企画」というのがありまして、それぞれのテーマで「あ」から順番に50音順に記事を書いていくというものでした。
私は「音楽50音」ということで参加していたのですが、トラックバックピープルの『青春歌年鑑』という企画に丁度良いかな? ってコトで復活です。

洋楽は独自に「アルファベット企画」をやっておりまして、やはり「A」から順番に、その曲に関する記事を書いていました。
こちらもそのうち、復活させます。(^^)

どちらも、極力ウンチク話にならないよう心がけてはいるのですが、これがなかなか難しい!(笑)


posted by 茜 at 12:26| 大阪 ☀| 50音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。