2006年03月27日

「え」 A面で恋をして ナイアガラ トライアングル


ナイアガラ vol.2.jpg大瀧詠一の企画ユニット、ナイアガラ トライアングルのナンバーです。

メンバーは、大瀧詠一・佐野元春・杉真理の3人です。
このメンバー、2代目であります。
なので、この曲を含むアルバムタイトルも「ナイアガラ トライアングル vol.2」です。

ちなみに vol.1 のメンバーは、大滝詠一(昔は"滝"でした)・山下達郎・伊藤銀次です。
ゴーカですねー。(^^)
昔、「オレ達ひょうきん族」のエンディングテーマに使われていた、『パレード』なんかが入っています。
この時点で、既に「昔の曲だけど新鮮」ってイメージがありましたね。

少し前から、「え」は『A面で恋をして』にしようと思っていたのですが、カセットテープが弟の領地にあって、取り出せません。(悲)
曲は聴かなくても歌詞は覚えていますが、何だか聴けないとなると無性に聴きたくなって、CD買ってしまいました。(^^;




A面で恋をして
永遠の指定席に
君だけを招待するよ

恋の裏表を知り抜いてるぼくが
君に逢ったら Oh! Baby
もう お手上げさ

A面で煌いて
白ワイングラス手に
乾杯さ君の瞳に

シリアスな気持ち横に置いて
夜明けまでドライブ
今夜 君を帰さないさ

A面で恋をして
ウインクのマシンガンで
ぼくの胸打ち抜いてよ



クサイ! クサすぎる! ゾクゾクするクサさです! ← 結構クサイの好き(^^; でへ!

このCD、買って正解でした。
レコードの時より6曲も多く入っているし、その中には vol.1 の 『ROCK'N'ROLL 退屈男』もあります。
お買い得です! たったの2,100円で、サイコーにハピーになれます!

最近シケシケのキミ! 夜毎枕を濡らしているアナタ! 特にオススメです。(^^)v

2004年12月17日(金) at 20:18 



同世代の方々から、「この曲大好き!」というコメントをたくさん頂きました。(^^)


〜ウインクのマシンガンで
 ぼくの胸打ち抜いてよ 〜

でガガガガッとマシンガンの音が入りますが
あれがたまりません

効果音に弱いかもです



あの効果音は、まさに ザ・効果音! ですよね。
聴く人間を、メチャ効果的に惹き付けてくれます。



大滝詠一/ビーチタイムロングもってます。

「イーチタイム」と「ロングバケーション」のタイトルをもじって、イー(=A)の次でビー(=B)チタイムロングです。

ま、ベスト版ですが・・・これもまた、お得なベストです。
2枚のアルバムから選んで、ナイアガラソングブックを編集した楽曲で聴き応えあります!
当時、枚数限定で出されたアルバム(LP、懐かしい)ですが、その後CDで復刻されました。

大滝さんは素っ裸でレコーディングするなど逸話の多方ですが、楽曲は大好きです。
なぜか懐かしい響きのサウンドに、ドラマティックな歌詞が好きでカラオケでも歌っちゃいます!滅多にいきませんが・・・



>なぜか懐かしい響きのサウンドに、ドラマティックな歌詞

そうなんですよ! そこなんですよね、大瀧さんの魅力。
で、「針切り男」とか「鯉の滝渡り」とか「ナイアガラ音頭」とかの意味不明な曲がちょこちょこ混ざってる、不思議ちゃん的なところも実は好きだったりして…。(^^;

このアルバムは全部好きなんですが、全体的に遊びが入っている曲が特にお気に入りです。(^-^)

『FUN×4』

踊りながらカレッジの名前を聞き出した
2日目のプロポーズに
3月目に wedding bells are ringing
4人の子供サ


って、ビーチボーイズをイイ感じでいじった曲。
大瀧さんって、こういう遊びすごい上手ですよね。


あと『NOBODY』

悲しい歌詞なのに、メジャーコードでビートルズの『ツイスト&シャウト』っぽいリズムが、吹っ飛ばす感じでカ・イ・カ・ン…。(笑)
途中入るコーラスもそれっぽい。
何だかこのアルバム、全編にわたってビートルズで遊んでます。

この記事、ちょこっと書いて、あとは会社のPCで仕事しながら聴いてたんですが、なかなか帰れなくて困りました。(^^;
どの曲聴いても「うわ〜、やっぱええわぁ」って感じで、軽く3周…。(汗)

ナイアガラ残業です。f^-^;



posted by 茜 at 18:21| 大阪 ☀| 50音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。